Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinana86.blog.fc2.com/tb.php/149-5f023d13

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TA講座? アムドゥスキア編

12月のアプデですねー。
でもTA講座?はっじまるよー☆

今日でいろいろと変わりそうだけどね!

TA講座?最終日は、みんな大好きアムドさん。

※これか書く方法はSを取るだけのためで最速の方法ではありません。
 説明とか面倒なので一部ショートカットを省いていますが、S取れればいいのです。
 別にランキングで上位行こうなんて思ってません。その辺りわかってあげてください



アムドを攻略する前提として、龍族は絶対に倒すな!これは絶対です。
龍族が出てくるエリアでは範囲は使わないほうが無難でしょう。うん。
理由は後ほど。
いいか、絶対に倒すなよ?


今までの流れに反して、浮遊からのスタート。

mapはこんな感じです。

map21.jpg

始め正面の敵を倒したら、3:1で二手に分かれます。

map22.jpg


左3人  右1人

左3人はダーカー殲滅です。

右はダーカー殲滅後、カタパルト(紫点)でジャンプして端末(赤点)操作し、殲滅闘に合流。


殲滅後道なりに前進。

map23.jpg

前進すると赤く囲ったエリアに入ります。
そこで、龍族とダーカーが戦っているので、龍族を援護。
ダーカーだけを殲滅!

銃座があるので使ってみてもいいです。


殲滅後、通称アスレチックエリアに入ります。

2:2で分かれ、2人は柱でスイッチ前まで頑張る。
柱を登らない方は正面のダーカーを殲滅。柱の2人を応援する。

ここで柱の2人に注意事項。乗ったら降りるな!絶対だぞ!アストロンを唱えるんだ!

map24.jpg


2人が乗っている間フェンス手前にカタパルトが出てくるので応援していた人がジャンプする。
この時合図だして、柱の2人は前進。

ジャンプした人はダーカー殲滅後、奥のカタパルトでジャンプし、端末操作し、もどりーの合流。

map25.jpg


端末を操作すると、ミクダがいるエリアにカタパルトが出てくるのでそれを使いジャンプ。ここのミクダは倒さなくてよい。
後は殲滅し、殲滅し、ジャンプしーの赤く囲った辺の龍さん1匹助けて、落とされて、浮遊終わり。


火山に移動するとき、地獄に落ちるような感じがするのは私だけじゃないはず。

火山mapはこんな感じ。

map26.jpg

ごちゃごちゃしてますね。はい。

map27.jpg

火山に落ちると、紫点の辺からスタート。大怪獣対戦してるけど無視しワープへ。
左の卍エリア中心に飛びます。

ここは2:2の二手に分かれるのが無難だと思っています。

map28.jpg

それぞれの奥にダーカーと龍が戦っているので龍を援護しましょう。
ダーカー殲滅後隔壁解放し、スイッチ押し、次の場所へ。
4箇所押したら奥に行けるので、そこからワープへ。

map29.jpg

スイッチマラソンです。
どっちが先にワープできるか競争だ!


map30.jpg

ワープしたら龍とダーカーが戦っているのでダーカー殲滅し、奥へ。

スタート位置に戻ってくるので、キャタさんを援護し、グワ駆除。

これで火山1終了。ワープし、火山2へ。

ここで龍を倒していなければヴォルさん直行できます。
1匹でも龍を倒したら足止めくらい時間ロスです。

なので龍は倒すなよ!絶対だぞ!

19分でSです。



以上旧TA講座でした。
今日でどう変わるか楽しみです。





『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
↓ごちゃごちゃ書いてわかりにくいけど、実際やってみると簡単。百聞は一見に如かずですね。
ファンタシースターオンライン2・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ ファンタシースターへ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinana86.blog.fc2.com/tb.php/149-5f023d13

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しなの

Author:しなの
休止中でございます。ブログの更新は一旦ストップ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つぶやき

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。